SSブログ

第60回阪神大賞典と第61回スプリングSの予想 [競馬]

ぱっとしない天気ですね。
昨日は追っかけてる馬のオメガハートランドが勝ってくれて、うれしい日でした。
今日は昨年というか一昨年から注目としていて、
結果現役最強馬になったオルフェーヴルが参戦。
圧倒的人気ですので、馬券的には妙味薄ですが楽しみな一戦です。

その阪神大賞典から。
もちろん本命はオルフェーヴルです。
たとえこの馬が追っかけじゃ無かったとしても当然のごとく本命ですよね。
負ける要素が無いんではないかと。
3冠取って有馬も勝って、ヒルノダムールより軽い57kg。
休み明けで他の馬とどのくらい差が出るか、要はここは叩き台だからと言うところだけですね。
相手は4歳馬のギュスターヴクライ。
重賞実績がないので斤量は55kg。
大抵このレースは古馬の強いのが出てくるからかもしれませんが、
4歳馬の勝率は低くそのかわり連帯率が高い。
3番手はしつこくトウカイトリック。
前走のダイヤモンドSでも買いましたけど、意外といい脚で来ててまだまだいけそうでした。
4番手がヒルノダムール。あんまり相性の良くない馬ですかね。
それからGI馬が2頭、ジャガーメイルとオウケンブルースリ。
オウケンは前走も全然見せ場無かったです。休み明け2戦目で見せ場無かったら駄目かも。
最後にビートブラックをもう一度。
◎12オルフェーヴル
○01ギュスターヴクライ
▲03トウカイトリック
△02ヒルノダムール
×04ジャガーメイル、11オウケンブルースリ、10ビートブラック
買い目は馬単と馬連ワイド流し◎→○▲△と3連複3連単フォーメーション◎→○▲△→○▲△×にします。
連単馬券を増やしてみました。

続いてスプリングS。
アルフレードって1番人気じゃないんですね。
ディープブリランテのほうが人気になってますけど、
中山も初コースですし、どうでしょう?アルフレードのほうが良さそうですが。
でも本命はマイネルロブスト。
朝日杯ではアルフレードに負け、東スポ杯ではディープブリランテに負け、
京成杯で負けたベストディールは札幌でグランデッツァに負けててこの馬はどうかと思いましたが、
内枠のほうを引いて中山コースも経験あって距離も問題なし。
鞍上も武豊だから魅力を感じました。対戦成績?見なかったことにしましょう。
相手はアルフレード。無敗の馬ですし、シンボリクリスエスで200m延長は問題ないでしょう。
3番手にディープブリランテにします。
強いのはわかりますけど、初コース中山。
今の馬場じゃ外目をぶん回してくるのは不利だと思うんで。
4番手は一応グランデッツァにしますが、5番手以下とそんなに差はないと考えてます。
まずは3連勝中のゼロス。
昨日見事な脚で勝ったワールドエースを抑えた逃げ馬。
アリゼオみたいですよね。
それからシンボリクリスエス産駒で自在性のありそうなサトノギャラント。
横山典がどういうレースしますかね?
さらにはストローハットも人気が無くて魅力的。
もう1頭の堀厩舎、サトノプライマシーも人気薄なんで抑えておきたいところ。
買い目は馬連ワイド流し◎→○▲△と3連複フォーメーション◎→○▲△→○▲△×にします。
やっぱりワイドだけは◎→×まで手を広げてみます。

【BGM】情報/推定少女
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:競馬

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます