So-net無料ブログ作成

聖なる日のグランプリ、第56回有馬記念の予想 [競馬]

ペルーサが回避して13頭となった今年の有馬記念。
クリスマス決戦となりました。
世間をにぎわす対決はワクワクの4文字以外ないですね。

今年はオルフェーヴルを追いかけて、三冠を取って、
最後は現役を引退する現在の最強馬ブエナビスタと最初で最後の対決。
こんなワクワクするレースは最後にふさわしい。
ただ相手となるブエナビスタも実は結構な確率で本命にしてきた馬。
どちらが好きかと言われると即答でオルフェーヴルですが、
どちらが本命に適してるかと問われるとすぐには答えられません。

さ、予想に行きますか。
まずはブエナビスタを。
いよいよ最後のレースを迎えます。
今年はようやく前走のJCで勝利し2着続きの競馬に終止符。
天皇賞の負けで不安がよぎりましたがJCの勝ちでまだまだ元気をアピール。
不安なのはその年齢ではなく、中山コース。
過去2年の有馬記念ではいずれも2着。
昨年は3歳のヴィクトワールピサに粘られ、
一昨年は中山巧者のドリームジャーニーに負けました。
前走大敗したとはいえ復帰戦で度外視したら怖いヴィクトワールピサがいます。
さらにはどーリームジャーニーの弟の三冠馬もいますからね。
ブエナビスタが不安視されるのもよくわかります。

続いてオルフェーヴル。
今年は震災の影響で中山コースでは皐月賞が行われずに、
東京の2000mで皐月賞が行われました。
兄の印象から東京コースが合わないと考えられたのか、皐月賞では人気がありませんでした。
ところが皐月賞圧勝から、ダービーも勝利、結局菊花賞も勝って三冠。
実は兄とは違って東京コース得意、広いコースが得意なんでしょう。
中山コースはブエナビスタより実績が無く2歳の時の芙蓉Sで2着。
負けたのはあのホエールキャプチャと後の三冠馬が牝馬に負けてました。
さらには古馬との初対戦。
ウインバリアシオンがJCで5着のところを見ると、
オルフェーヴルもいいレースをしたと思いますが勝てたかどうか・・・
得意の東京2400mでも勝てる想像がつかない。
となると今回も非常に厳しいような気がします。

他に名前を挙げなきゃいけないのは天皇賞勝ったトーセンジョーダン。
JCでもブエナと僅差の2着。
秋のGIを3戦戦うのは非常に厳しいこと。
当日の体調は気にしたいですが、体調以外には大きな不安はありません。
しかし体調がすべてな競馬のレースですから大事ですが。
そしてアーネストリー。
天皇賞大敗はこの馬も同じですが、宝塚記念では間違いなくブエナに勝ってます。
今年ブエナに勝ったのはアパパネも含めて4頭。
アーネストリーとトーセンジョーダンは国内で勝ってますから外せません。
基本的にはここまで名前が挙がった馬だけでもいいと考えてます。
一応挙げておくのは2頭、ヒルノダムール。皐月賞2着馬で天皇賞馬。
もう1頭はエイシンフラッシュ。いつもこの馬の馬体はすばらしい。
今日もピカピカの馬体だったらだまされるでしょうね。
騙される前にしるしをまわして起きます(笑)

結論ですが本命はブエナビスタにします。
オルフェーヴルはあくまでも対抗。
実は皆が知ってるディープインパクトですら、三冠を取った年の有馬記念は負けてます。
その時の有馬記念は12月25日のクリスマス。
国内で負けた唯一のレースがクリスマスの有馬記念。
あの偉大な三冠馬でも負けたレースですから。
確かに勝てばうれしいですがここはブエナビスタに譲ってほしいな。
◎01ブエナビスタ
○09オルフェーヴル
▲10トーセンジョーダン
△12アーネストリー
×02ヴィクトワールピサ、03ヒルノダムール、05エイシンフラッシュ
買い目は3連単BOX◎○▲と馬連◎-○にします。

私の夢はブエナビスタにしました。
オルフェーヴルは来年ですかね。

【BGM】Only You/内田有紀
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:競馬

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます